産業廃棄物収集運搬業許可

私たちが生活する上で、必ず存在するのがゴミです。 ゴミは大きく分けて一般廃棄物と産業廃棄物、2つに分類されます。 分類の条件は様々ありますが、同じゴミでも処理方法を間違えると違反になってしまったり、人体に有害な影響を与えてしまうものもあり、しっかりと判断しなければなりません。

一般廃棄物と産業廃棄物

あなたも普段日常的に何気なくゴミを出していると思います。
ゴミは、住んでいる地域によって分別の仕方も違い、駅や職場、学校でも捨てる種類ごとにゴミ箱が違います。
でも完璧に分別できているかと聞かれたら、はい、とは言えません。
自分1人くらいいいだろうという気持ちをみんながもっていたら、地球は簡単になくなってしまいます。
それがもっと大きいゴミになってくると法律なども関わってくるので作る側も処分したい側も大変です。

産業廃棄物なんてそれが何かと聞かれたら工場から出るような科学的な何かですか?という程度の知識しかありませんが、その中には普段家で使っているエアコンやテレビ、冷蔵庫などもたくさんの部品からなっているものです。
これを処分するとなると人ごとではありません。
引越しをする時などせっかくだし家電も新調しようと今あるものを捨てようとする時、物によっては市にお願いすることもあります。
しかし、市町村では廃棄できないものや家全体を片付けたいというときには不用品回収業者にお願いします。
不用品回収業者は見積もりに家にやってきます。
もちろん片付けが終わった後、思ったより大変な回収物があれば金額が上がります。

お願いをする私たちからしたら、気にはしないところですが不用品回収業者の中にも産業廃棄物を回収できる業者とできない業者がいるようです。
回収できる業者は「産業廃棄物収集運搬業許可」を得ていなければなりません。
ただこの許可を得るのは結構厳しい条件が必要なようで、あえてとらないで業務している不用品回収業者もいるようですが、そのような業者は委託することで産業廃棄物の処理をしています。
ただもちろんその場合は、委託料がかかるので見積もりの段階でそのような処分物が多いようなところは断ったりするようです。
許可を持っている業者でしたら自分たちで処分までを請け負っていますが、その分費用がかかりそうです。

不用品回収業者の資格

不用品回収業者を始めるにあたり、必要な資格はたくさんあります。 法律もどんどん改定されています。 自分がどこまでの仕事をしたいかで必要な資格も変わってきますし、無許可の業者によって、起こる様々な事件もあります。 市町村や地域で同じような仕事をしている業者との協力もとても必要だなと思いました。

産業廃棄物の取り扱い

産業廃棄物は、その廃棄物を出した会社に処理責任があります。 廃棄物処理を行う場合「産業廃棄物収集運搬業許可」を得ていなければいけません。 他の人から頼まれて産業廃棄物の処分する時にも「産業廃棄物処分業許可証」が必要です。 許可証には扱える品目や許可の有効期限などが載っているので確認必須です。